エネゴりのFX日記

エネゴリの初心者 FXスクール ホームページ用 ブログ

プロスペクト理論

プロスペクト理論の意味と、
具体的な例について説明して行きましょう。

心理学の要素が強い理論なので、
応用することでマーケテイングにも
活用することができますね。

プロスペクト理論の意味と概要


人間は利益を得る場面ではリスク回避を優先し、
反対に損失を被る場面では損失を可能な限り回避しようとする
傾向があるという心理学理論です。


例えばあなたがこんな質問を受けたとしましょう。
あなたはどちらの選択を選ぶでしょうか?


A.100万円が確実に手に入る
B.コインを投げて表なら200万、裏なら0円


この質問をした場合、
ほとんどの人間は例外なくAを選びます。

イチかバチかで1円も貰えないよりは、
堅実に100万円を貰っておくほうが良いとい考えるのです。



しかし、今度はあなたが200万円の借金を抱えているとして、
もう1度質問に答えてみてください。


A.100万円が確実に手に入る
B.コインを投げて表なら200万、裏なら0円


Aなら確実に借金を100万円まで減らすことができるので、
ある意味こちらが堅実とも言えます。

逆にBは2分の1で借金が減らない可能性もあり、
ギャンブル性の強い賭けになってしまいます。


ですが、ほとんどの場合人間はBのギャンブル性の高い選択をします。

 

僕はAを選びますがね~~


このことから人間の性質は、
利益を前にすれば確実に取れる利益を取る、
損失を前にすればその全てを回避しようとする。

FX等で負けている人は一気に多くの金額をつぎ込んだりしますけど、
結局彼らは借金そのものを回避したいと思っているので、
その結果大量のお金を失ってしまうような状況になっているのです。


人間は利益よりも損失に敏感に反応するわけですね。


FXで目標300ピプス プラス300万円で途中チャートを見るとプラス150ピプスでした!

プラス150万円も利益が出ている! 反対に行きそう! やばい もう決済しようと心が揺らぎ利確してしまいます!

 

ですが損切60ピプス -60万円で 途中チャートを見たらー50ピプスでした!

もうちょっと待ってれば反転しそう!損はしたくない!! 損切りを下げよう!と損を先延ばしにする傾向があります!!

 

これは人間の心理です!メンタルを鍛え利益は出来るだけ伸ばし、損はすぐ切る!

これが1割の勝ち組の思考です!!